タクシードライバーへと転職【未経験でも採用される】

Change of occupation

タクシードライバーになろう【メリットを詳しく紹介】

タクシードライバーへと転職【未経験でも採用される】

自動車

未経験でも就職可能!

タクシーは観光客への需要が高い乗り物です。また、急用時や悪天候のときなどに利用する人が多く、昔から生活の中に溶け込んでいます。求人情報を見ると、未経験でもOKというところが多いため、転職の際にタクシードライバーを検討している人も多いんですよ。ですが、タクシー運転手として活躍するためには、2種免許が必要です。免許取得のための費用を少しでも抑えたいなら、免許取得に必要な費用を負担してくれる求人情報を探すと良いですよ。

模型

平均年齢ってどれくらい?

タクシードライバーの平均年齢は、およそ58歳と言われています。そのため、他の企業よりも勤続年数が短いのが特徴です。その理由は、高齢になってからタクシードライバーへと転職する人が多いことにあります。研修制度を導入している会社が多いため、高齢になってから就職しても高収入が得られます。そのため、老後の貯金の為にタクシードライバーへと転職する人もいるようですよ。

タクシーとハイヤーの違いって?

タクシー

タクシーの車内にはメーターが付いており、走行距離や時間に合わせた料金を表示します。また、駅前や商業施設の周辺などで待機しているのが特徴です。場合によっては、走行中にお客さんを乗せるので、誰でも気軽に利用できます。そのため、その日の売上に変動があります。

ハイヤー

あらかじめ利用する時間を予約してから利用するのがハイヤーです。そのため、タクシーのように商業施設で待機しているなどの時間がありません。また、利用者とのコミュニケーションをとり信頼関係が構築できれば、次の仕事へ繋がっていきます。こういった個人との繋がりが強い仕事はタクシードライバーにはない業務と言えるでしょう。

広告募集中