メンズ

電話代行サービスを提供している業者を探すコツを徹底解説!

接客システムの種類

PC

対話を実現するチャット型

多くの企業ではウェブマーケティングを重視し、実店舗とは別にネット通販サイトを立ち上げたり自社サイトから情報を発信したりしています。このようなウェブマーケティングは上手に活用すれば高い営業効果を得られますが、自社サイトの訪問客をコンバージョンへと誘導するには一工夫が必要です。ページを離れようとしている訪問客に対して何らかの形でアクションを起こすのは最も単純な工夫ですが、最近では訪問客との間で対話まで実現できるようになりました。そのような技術を総称してウェブ接客システムと呼ばれており、自社サイトに必要なシステムを導入することでウェブマーケティングの効果を高めることができます。ウェブ接客システムの基礎を形作っているのは、訪問客の購入履歴や閲覧履歴・滞在時間といったデータを短時間で分析できるようになった技術の進歩です。これによって初回訪問客や購入歴を持つ訪問客ごとに違ったページが表示されるようになり、成約率の向上につながります。ページを閉じようとしている訪問客にアラートを表示させるのは最も初歩的なウェブ接客のあり方で、この場合でも会員登録している訪問客ならメール配信によって購入につながる追加情報提供も可能です。サイト滞在時間を自動計測し、3分以上の訪問客に対してクーポンを発行したり会員登録を促したりするようなウェブ接客術もよく利用されています。以上のようなウェブ接客技術はポップアップ型として総称されますが、これに対して最近導入事例が増えているチャット型はさらに高度な接客を実現します。商品の情報が商品説明文や写真だけで訪問客に十分に伝わらないECサイトの事例では、疑問点に対して人工知能がチャット形式で答えることにより購入率が向上するものです。ウェブ接客システムの選定ポイントでは費用対効果を考慮し、利用料金よりも以上に挙げたような機能面を重視するといいでしょう。