Change of occupation

施工管理職に採用されたいなら資格取得が大切【メリットが満載】

身体を動かす職業には種類がある

デスクワークではない仕事を探しているなら、工場や建設現場の求人をチェックすると良いですよ。身体を動かす仕事が多いので、長時間座っていたくない人に最適です。また、塗装業や製造業など仕事によって動いている時間が異なるので事前にチェックしましょう。

施工管理職に採用されやすい条件を徹底リサーチ☆

男女

ものづくりに携わる

ものづくりに関係する仕事に就きたいなら、製造業がお勧めです。工場で製品の作製や修理などを行ないます。企業によっては飛行機などの大型機械の製造を行なっていますよ。そのため、元々ものを造る仕事に就きたい人に支持されています。また、同じ製造関係の仕事でも製品の塗装を行なう仕事も求人情報の中にはありますよ。

転職前にcheck

転職先を探す上で「ブラック企業」であるかどうかを確認する人が沢山いるでしょう。そんな時には、求人サイトや企業の評価が載っているサイトを利用しましょう。そういったサイトでは、沢山の転職者の声が載っています。そのため、会社の労働状態や会社の雰囲気などが手軽に確認できますよ。

資格が必要な職業

建設現場で働く仕事の中には、給与の高い職業があります。それが「施工管理技士」です。施工管理技士の仕事内容は、建設現場で建設工程や安全性の管理などを行ないます。また、建設物の品質管理も仕事のひとつです。この施工管理技士は、専門の国家資格を取得していないとなれません。また、施工管理技士の資格にも沢山の種類があるため、持っている資格によって働く現場が変わってきますよ。

一番需要が高い管理資格

一級建築施工管理技士の資格は、施工管理技士の資格の中で一番需要が高いです。そのため多くの人が資格合格に向けて勉強をしています。一級の資格を取得することで大規模工事の責任者になれるため、給与が高くなる傾向にありますよ。二級建築施工管理技士の資格を取得していることと、15年以上の実務経験が受験資格の条件です。ですが、勤務状態や進学先などによって実務経験に必要な期間が短縮されますよ。

建築施工管理技士になるメリットのランキングを大公開☆

no.1

昇進・昇給に有利

一級建築施工管理技士の資格を持っている人には資格手当が支給されます。そのため、資格取得前よりも給与が高くなるんです。また、今までできなかった仕事を任せてもらえるようになるため、昇進も期待できますよ。

no.2

社内評価がアップ

工事を行なっている業者にとって、建築施工管理技士の在籍人数は会社の技術力の証明になります。そのため、会社としては、なんとしても確保しておきたい人材です。そういった理由から社内での評価がアップするんですよ。

no.3

管理技術者になれる

工事現場の稼働時には主任技術者か管理技術者の配置が義務付けられています。一級建築施工管理技士の資格を取得することで、管理技術者として認められます。そのため、以前よりも仕事の幅が広がってきますよ。

no.4

転職に有利

建築関係の仕事へ転職をするなら、一級建築施工管理技士の資格を取得していることはとても有利です。どの会社も資格取得者の採用に躍起になっています。

no.5

建設企業の開業に役立つ

一級建築施工管理技士の資格は会社の技術を見極めるために、取り引き企業が重視している部分です。そのため、自分も資格を持っていることで技術力の高さをアピールできるんですよ。また、資格取得者をわざわざ探す手間が省けます。

好きなことを仕事にしよう

建築業や製造業、塗装関係の仕事は好きでないと中々勤続できない職業です。もし、転職時に建築関係の仕事に就きたいなら今の職場にはない条件で検索してみませんか。また、どんなに待遇が良くても会社の雰囲気が良くなければ、仕事を続けづらいですよ。

[PR]
治験バイトの情報を大公開☆
参加前に要チェック☆

広告募集中